交通事故治療

交通事故について

交通事故でむち打ち、首の痛み

交通事故ではむち打ち症や首の痛みや腰痛の他、骨格の歪みを引き起こし、神経症状(手足のしびれ・吐き気)を伴うものもあります。軽い怪我だと思って放っておくと、数日~数ヶ月経ってから重い症状が出現する場合があります。目に見えるひどい外傷がなくても、倦怠感やだるさ、頭痛や吐き気、不眠症状などで悩まされる方が多くいます。そうならない為にも早期治療が大切です。事故が原因の症状でお悩みの方は、お気軽に当院までご相談ください。

自賠責保険の適用について

自賠責、自動車保険の説明

交通事故が原因でのケガ(むちうち等)や痛み・しびれなどは自賠責保険が適用されます。
病院との併用や他の接骨院からの転院も可能です。
交通事故治療、自賠責保険でご不明な点等がございましたら、お気軽に当院までご相談ください。

自賠責保険を適用するために

STEP1
警察に連絡する

警察に連絡まずは必ず警察に連絡しましょう。また相手の住所・連絡先・自賠責保険の加入先を確認します。

STEP2
病院で診察を受ける

病院で診察事故の大小にかかわらず、必ず検査を受けて診断書をもらって下さい。最初は症状が無くても数日経って痛みが出る場合もあります。

STEP3
保険会社に連絡する

保険会社に連絡保険会社に当院で治療を受ける旨を申し出た上で、当院の電話番号、住所をお伝えください。
当院に連絡が入り自賠責保険適応治療が受けられます。

STEP4
治療終了、保険会社へ連絡

治療終了保険会社より示談内容書が届きます。内容をしっかり確認してください。

ムチウチ症状とは?

むち打ちの診察では「痛みがあったんだけれど忙しくて治療が遅れた」という患者様が少なくありません。早期に治療開始されるのが一番ですが、初期対応を間違えないのが重要です。
交通事故などでむち打ち状態になった場合でも、痛みがすぐに発生しない場合があります。損傷から炎症が起きるまでにはタイムラグが生じることがあります。

首は身体の奥に関節があるため、損傷部位を守るため、固くなって動かなくなることがよくあります。それを無理に動かすと、かえって損傷がひどくなりますので、初期には患部をできるだけ固定して安静を保ちます。
また、長時間、お風呂で温めたり、患部を揉んだりしないことも注意点の1つです。

むち打ちで主に損傷を受ける部位は、頸椎の椎間関節です(当然ながら、事故の状況によって受傷部位は異なります)。頸椎の椎間関節は奥にあるため、皮膚を切った時のように敏感に痛みを感じることができません。
身体はサインを送るため、首だけでなく痛みの場所を広げて伝えようとします。このため、ムチウチでは首だけでなく肩や背中、腕も痛むという症状 があらわれます。
また、頭痛を訴えられる患者様も少なくありません。
その他では、吐き気、目まいなどの症状も見られます。

交通事故による当院の治療方法

初期治療

初期治療

炎症を抑えるのが目的です。必要な方は、包帯やテーピングなどを用いて患部を固定し、治療ではマイクロカレント(微弱電流)で損傷組織を回復させます。また、日常生活動作指導などを行います。

中期治療

中期治療

体の状態を診て、立体動態波などの特殊治療と手技療法で、筋肉の緊張を取り、筋力増強や柔軟性の改善にて身体のバランスを改善します。バランスを改善することにより自然治癒力を最大限に活用することができます。

後期治療

後期治療

患部の痛みの度合いを診ながら、手技療法でアライメント(構造上のゆがみ)を修正し姿勢の改善を行います。また、動的ストレッチマシン、ストレッチポール、リアラインコアなど運動療法を取り入れ姿勢を改善し再発しない体作りをしていきます。

ほとんどの方は、受傷から3ケ月程で回復しています。治らないと諦めている方は、ぜひ一度ご相談下さい。

ページトップへ

スマートフォン | パソコン